ちょっと頑丈なカラーボックスをDIYした

2021-01-28工作DIY,カラーボックス,ダボ,パイン集成材

DIYしたくなったので、作れそうで使えそうなものを探しました。
目をつけたのは、キッチン周り。もう少し収納が欲しかったので、カラーボックスを作りました。 多少重量物もおけるようにしようかなとか、既設のカラーボックスとサイズ合わせようかとか、ちょっと接合に新しいチャレンジしてみるかとか、色々企みを含みながらDIYしました。

スポンサーリンク

コンセプト

今回のコンセプトをいくつか設定しました。

  • ちょっと頑丈
  • 圧迫感出したくないので、あまり背は高くしない
  • 色はナチュラル&ホワイト
  • 市販品を活かせるサイズ
  • ビスを目立たせない

設計・調達

上記コンセプトをもとに設計しました。

ちょっと頑丈というコンセプトがあるので、まず材料は集成材にしました。お安くパイン集成材で、厚みは18mm。塗装もしやすいし、ビスも利くので。
背板は化粧合板にします。揺れ止めの役割です。

コンセプトの市販品とは、ニトリのカラーボックスです。いくつか使っていて、そのインナーボックスも活用したいので、それが入るサイズに。

1段が内寸で幅40cm奥行き28cm高さ25cmあれば良さそう。それを2段にして、腰下くらいの高さにします。そうすると、ざっくり外寸45x30x60cmくらいになる。材料の無駄が出ないというか、カットが少なくすむようにサイズを調整します。

  • 底板・棚板・天板は40cmx30cmくらい
  • 側板は30cm x 60cmくらい
  • 背板が45cm x 60cmくらい

パイン集成材は3×6サイズ(約90cm x 約180cm)で買ってもよいかと思いましたが、色々なサイズでも売っていますので、それをいかそうと。

  • 40cm x 90cmを3分割で底板・棚板・天板にする
  • 側板は30cm x 60cmをそのまま使う
  • 背板は45cm x 60cmを買う

購入時に、背板用の化粧合板がぴったりサイズが売っていなかったので、30cm x 90cmを買って、カットすることにしました。

作成

難しいことはないです。

まずは、角の面取りというか、ヤスリがけ。みなさん、カラーボックスの棚板の角に手をぶつけたことありません?結構痛いですよ。
というわけで、カンナとヤスリで角を丸めます。

こういうの便利です。


それが終われば、組み立てです。
今回のDIY的ポイントは、棚板の止め方。いつもなら「ビスが目立たないように」ってときはダボ接ぎを使うのですが、今回はビスを使いつつダボ埋めっていうのやってみました。

タボ接ぎは、両方の材に穴を掘って、キツめの棒(ダボ)を刺して止めます。イメージ(Google画像検索)

ダボ埋めは、ビスを打つ箇所に大きめの止め穴を開けて、その穴の中にビスを打ち、穴を棒(ダボ)で埋めて隠します。イメージ(Google画像検索)

まずは、穴を開けて(写真撮り忘れました)、その中にビスを打ちます。

穴の中のビス
止め穴の中に打ったビス

そして、その穴を棒で埋めます。今回は丸棒を買いました。

穴に丸棒を刺した
ビスを止めた穴に丸棒を刺した写真

そして、その丸棒を切り落とすと穴埋めが完了です。
この切り落とす作業に使うのは、アサリのないのこぎりです。アサリとは、のこぎりの歯の厚みより広がっている部分のことらしいです。これがあれば切り屑の排出がしやすいとかあるみたいです。あとはGoogle先生に。
逆にアサリがないのこぎりなら。材に寝かしてひっつけて切っても傷ができません。
自分が使っているのは、写真にもあるこちら。

あと、独りDIYerはクランプにお世話になります。特に箱物作るときのコーナークランプはありがたいです。

コーナークランプ使用例
コーナークランプを使って材を止めている写真

こういうの。

そんな感じで、穴開けて、ビス打って、棒さして、棒切ってを繰り返して板を止めていきます。
丸棒を切った切り口は若干毛羽立ちますので、ヤスリで整えます。

最後に背板をタッピングビスで留めます(写真なし)

完成!

ちょっと丈夫なカラボ

できました。果たして、ダボ継ぎとダボ埋めはどちらが強度があるかわかりません。

天板も、側板で挟むより、側板に乗せる方が強度ありそうな気がします。

いいんです。ちょっと頑丈なカラボなので。

ちゃんとNインボックスも入りました。気持ち高さに余裕があります。

Nインボックス
Nインボックスを収納したところ

感想

最後に感想です。

  • ダボ埋め楽しかったです
  • 塗装は面倒でやりませんでしたので、カラーボックスというのか?
  • 入れるものはこれから考えます
  • DIYレベルが上がった気分です
  • コストはニトリのカラボ4つ分くらいかかっちゃいました

スポンサーリンク