いよいよWindows 7からWindows 10へ移行する-その1

2020-01-05パソコンWindows10, システム移行, バックアップ

皆様、まもなくWindows 7のサポートが打ち切られることはご存知でしょうか。


すぐに使えなくなるわけではありませんが、セキュリティパッチ等が配信されなくなります。
また、Webサイトやアプリケーションでのサポートも打ち切られていくことになると思います。

なので、この機会にWindows 10に移行しようと思います。

まずは、旧システム(Windows 7)での作業から。

スポンサーリンク

データのバックアップ

自分が今使っている環境をなるべくそのまま使いたいですね。それとは別に、クリーンインストールでの整理もしたい気がします。
そこで、必要なデータは移行しつつ、システム周りやアプリケーションのインストールは新規で行うようにします。

では、移行(バックアップ)が必要なデータは何があるでしょう。

  1. 写真、ムービー、音楽、文書など
  2. フォント
  3. アプリケーションの設定

とりあえず、思いつたのはこれくらいです。

写真、ムービー、音楽、文書など

これらは、単純にコピペをすればいいので、USBメモリなどを使ったり、クラウドサービスを使うと便利です。
ただ、ムービーなど容量が大きいものは高速なUSBメモリや外付けSSDなどが速いと思います。

フォント

自分は、友人などのイベントチラシなどのために、フリーのフォントを使っています。これらも改めて集めるのは面倒なので、移行しちゃいます。

フォントは「コントロールパネル」から「フォント」を選ぶとファイルが見えるので、必要なものをコピペしましょう。なお、有償フォントにはライセンス上の規約があると思いますので、確認してください。

アプリケーションの設定

自分の場合は、Firefoxのデータ(ブックマーク、cookie、パスワード、設定)などを移行したいと思います。

ざっくりとやり方を解説すると、プロファイルフォルダを丸々コピーして、新システムでインストール後のプロファイルフォルダと入れ替えます。
プロファイルフォルダは、メニューの「ヘルプ」「トラブルシューティング情報」(about:support)を開いた中にある、「プロファイルフォルダー」になります。

他にもよく使うソフト、設定をカスタマイズしているソフトがあれば、それらを移行するようにしましょう。

その他

あと、自分はいくつかフリーソフトを使っています。
インストーラがあってインストールするものと、zipなどを展開するだけで使えるものがあります。

インストーラ形式のものは、再度最新版をインストールすればよいでしょう。(設定が初期になるのが困るものは、設定のバックアップを!)

zip形式のものは、そのフォルダごとコピペしたほうがラクかもしれません。

使用頻度が低いものは、あえて移行せず、システムを軽くするのも良いかもしれません。必要になったらまた入れれば良いので。

(2020/01/05追記)

バックアップではないですが、旧システムで行っておいたほうが良い作業もありそうなので、追記します。

あと自作PC使っている場合は、ドライバ周りはある程度ダウンロードしておいたほうが無難かもしれません。万一インターネットつながらない!とかなると大変なので。

Officeやウィルス対策ソフトなど、ライセンスを引き継ぎたいものに関しては、旧システムでのアンインストール操作が必要なものもあります。
ライセンスを無駄にせず(ズルもせず)正しく使えるように、方法をあらかじめ見ておきましょう。

↑↑追記ここまで↑↑

裏技

自分の場合、写真やムービー、音楽、文書などは、システムと別ハードにしています。

  • システム(Cドライブ):SSD
  • データ(Dドライブ):HDD

こうすることで、システムやアプリがSSDに入っており、入れ替えでSSDをクリーンにしても、写真や音楽が入っているHDDはそのまま残ります。
なので、バックアップが必要なのは、SSD(Cドライブ)に保存されているアプリの設定やフォントくらいです。

この辺は、Windows 10にしたときも継続しようと思うので、そのときに詳しく記録しようと思います。

 

スポンサーリンク