WordPressのお問い合わせフォームをContact Form 7からGoogleフォームへ変更した

2019-07-18ブログContactForm7, Googleフォーム, WordPress, お問い合わせ, プラグイン

タイトル通りなのですが、当サイトの「お問い合わせ」ページのフォームを超有名プラグイン「Contact Form 7」からGoogleフォームへ変更しました。


あらかじめお断りしておきますが、Contact Form 7の機能に何ら不都合も不具合もなく、しっかりとお問い合わせを頂いていました。

なぜ変更したかといいますと、「やってみたかった」が90%、プラグインを減らそうかなと思ったのが10%です。

スポンサーリンク

Googleフォームとは

扱いとしては、URLを見ても、Googleドキュメントのイチ機能となっているようです。


メニューを見れば、わかりやすいです。

メニュー
メニュー

用途としては、アンケートお問い合わせの様に、「多数の人に定型フォームに入力してもらう」機能と、「回答を集計する」機能があります。回答の集計は、Googleスプレッドシートにぱっとまとめてくれます。

結構大手のサイトでも使われている印象で、自分の大好きなスマホゲーム、白猫プロジェクトの開発元・コロプラの公式サイトでも使われていたりします。

まずは、フォームを作って、それを自分のサイトに埋め込んで使います。

Googleフォームの作成

まずは、Googleドキュメントのサイトに行きます。

新規にフォームを作ります。

新規フォームの作成
新規フォームの作成

変に雛形を持ってくるより、空白から作る方が好きです。

初期画面
初期画面

空白と言いながら、空白じゃないです。
直感的なUIだと思います。各ブロックに質問を追加して、設定をして…という感じで設定します。

完成画面
完成画面

メールアドレスやURLは、不正な形式をハジケます。

URL設定
URL設定

「回答の検証」を追加して、「テキスト」→「URL」とします。必要なら、カスタムのエラーメッセージを設定できます。設定しない場合は「有効なURLを入力してください」となります。

URLエラー
URLエラー

あと、右上のメニューから色味やフォントのカスタマイズができます。

テーマのカスタマイズ
テーマのカスタマイズ

RGB指定もできるので、サイトのテーマに合わせられます。

フォント変更
フォント変更

フォントは4種類ですが、日本語には対応していないっぽい?

Googleフォームの埋め込み

そんな感じでフォームを作ったら、サイトに埋め込みます。

フォーム作成画面の右上、「送信」というボタンを押します。この名前はどうだ?

送信ボタン
送信ボタン

そうすると、シェアの方法を選べます。

送信画面
送信画面

一番右の埋め込みっぽい「<>」を選びます。

埋め込み画面
埋め込み画面

そうすると、HTMLコードが表示されるので、コピーします。

あとは、WordPressに貼り付ければOK。

新お問い合わせ画面
新お問い合わせ画面

もちろん、埋め込みコードの前後に文章や画像も入れられます。
パッと見た感じ、デフォルトのコードでレスポンシブになっているようでした。

まとめ

Googleフォームを作る→埋め込む。
この工程ですぐに作れます。プラグイン入れるのとどちらが簡単かは人によるかも。
事細かい設定はできませんが、必要十分と感じています。

そして改めて言いますが、Contact Form 7は素晴らしいプラグインです。

どうぞ何かございましたらお問い合わせください(笑)。

スポンサーリンク