日付の差分を計算するショートコードを作ってみた

2019-01-13ブログDIY, PHP, WordPress, ショートコード

タイトルまんまなのですが、ショートコードというものを作ってみました。

当サイトの一番下に、自分のプロフィールを載せています。ふと思い立って、ここに誕生日からの日数を表示してみようと思いまして、ショートコードを作るところに行き着きました。

スポンサーリンク

ショートコードって?

[]←このカッコで括られた文字列に応じて、動作する関数・マクロみたいなもんです。

詳細は公式のリファレンスを。

何が便利って、ちょっとした処理をwordpressに足せるわけです。
今回の日数計算は、プラグインというほど大げさな機能でなくても、phpでちょいちょい計算できる範囲なので、ショートコードが適しているかと思います。

ショートコードの作り方

wordpressのfunctions.phpをいじります。ナニイッテンダ?という方は止めておいたほうが良いです。ミスすると、サイト全体が何も表示されずに真っ白になってしまいます。

functions.phpに実際の動作を記述し、記事内などで[]を使って呼び出します。

自分も詳しくないので、詳細は別途検索してみてください。丁寧に解説してくださっているサイト様が多数あります。

具体的な機能

日付を2つ渡すことで、その差分を計算します。日付が一つの場合は、今日との差分を計算します。
出力のフォーマットを指定することができます。フォーマットは、DateInterval::formatに準じます。

中身は単純にDateTime::diffを呼んで、結果をDateInterval->formatで出力するだけ。エラー処理も全然していません。

なので、ソースは公開しません!(何となく恥ずかしい気もするしw)
単純なコードですし、ちゃんと公開してくれているサイト様もあると思います。

使用例

ちょっと使ってみます。

当サイトを公開した2018-11-14から今日で「343日、0年11ヶ月9日」です←「」内をショートコードで出力しています。

記事で使うより、サイドバーとかで使えそうですね。

作ってみた感想

久々にPHPのコードに触れました。といっても10行程度ですが。
プログラミング、楽しいです。

「やってみたい」、「できたらいいな」が「できる」「自分で作れる」っていう感覚が好きです。これもwordpress的なDIYと言えるでしょう!

スポンサーリンク

2019-01-13ブログDIY, PHP, WordPress, ショートコード

Posted by in0na0