LABRICOを使って2段式のパイプハンガーをDIYした

工作2x4,DIY,LABRICO,パイプハンガー,ラブリコ

今までアウターの収納には、パイプハンガーを使っていました。前後に2本パイプがあるやつで、高さもそれぞれ変えられるので、なかなか便利に使っていました。
ものは確かカインズホームで買ったと思います。

引越したことでクローゼットから押入れになり、スーツの収納スペースが無くなりました。そこで、このパイプハンガーを使うことにしました。
しかし、前後のパイプ間が30cmないくらいなので、スーツのジャケットをかけると、もう一方のパイプにかかってる洋服に当たってしまいます。前後のパイプの高さを変えてみたりしましたが、解決に至らず、じゃぁDIYと考えました。

スポンサーリンク

設計

スーツのジャケット、パンツ、アウターなんかをかけるので、多少高さが欲しい。
幅で収納量は変わってくるけど、設置場所の関係で柱は67cmくらいの間隔で設置したい。パイプは90cmあってもOK。
前後でパイプ間を取ると、奥行きが大きくなるので、天井近くまでパイプを上げて、完全に上下2段にする。

もちろん柱はLABRICO(ラブリコ)で2×4を突っ張る。

材料購入

ホームセンターへ行って、LABRICOをはじめ、2×4、パイプ、パイプを引っ掛けるフック、パイプの先端を保護するキャップを買いました。

購入した部材の写真
これと2×4を買っています

パイプは25mmにしたので、キャップも25mm用を購入しています。

今回は天井と突っ張るので、2×4は6F(1820mm)では足りず、8Fを探しました。意外と置いているお店が少なくて5店舗くらい探し回りました。コロナで木材カット中止しているところもあったので。

組み立て

途中の写真を全然撮っていません。

  1. LABRICOの直ぐ下にフックを取り付ける
  2. フックを付けた2×4を突っ張る
  3. キャップを付けたパイプを引っ掛ける

以上です。

パイプハンガーDIY完成写真
パイプハンガーDIY完成写真

上段にスーツをかけ、パンツをかけても下段に当たらず、下段にアウターかけても床に当たらず、ちょうど良い高さで作ることができました。
このピッタリしたものが作れるところがDIYの良さですね!

おまけ

実は天井の高さ測り間違えたようで、2×4を突っ張る際にぶつかってしまいました。
せっかくホームセンターでカットしてもらったのに、結局自分で手切りしました。

測り間違えの修正写真
適当に切りました

天井くらいの高さになると、少し斜めになるだけで誤差が大きくなります。皆様は十分にご注意ください。

スポンサーリンク