やっぱり欲しくなった4Kディスプレイを比較する

2018/12/9パソコン27UK600-W, 27UK650-W, 4K, IODATA, LG, ディスプレイ, モニター

PS4 PROを買ったことで、やっぱり4Kディスプレイが欲しくなりました。そりゃあね、せっかくのスペック持て余すくらいなら、PRO買わなくてもいいじゃん、ってなりますからね。ね。

というわけで、今購入できる4Kディスプレイを比較検討してみました。

スポンサーリンク

使用環境

まずは、ディスプレイの使用環境です。

場所は机の上、自分ひとり用のディスプレイです。

接続機器はPS4 PROとパソコンの予定です。今の所それ以外を繋ぐつもりはありません。

今のディスプレイ

ちなみに、今のディスプレイは、23.8型の今はなきMitsubishiのRDT233WXです。

要求スペック

ではどんなスペックが必要か、整理します。

  • 4K表示対応
    当然ですね。4Kを60Hzで表示したいと思います。
  • HDR対応
    せっかくのPS4 PROですからHDRも活かしたい。
  • 23.8インチ~27インチ
    これ以上大きいと、机の上に置ききれなくなるのと、ぱっと画面全体を見渡せなくなると思いました。
  • IPSパネル
    個人的なコダワリです。TNほどの応答速度は求めませんし、画面が大きくなるのでIPSが良い気がする。
  • ノングレアパネル
    テカテカは苦手です。
  • スピーカーはなくていい
    別スピーカーをつないでいますので、ディスプレイにすぴーかーはいりません。PS4 PROからは光デジタル、パソコンからはアナログです。
  • 値段は6万円以下、できれば5万円切りたい

このスペックを検討していて、4K 60Hz表示にはHDMIなら2.0以上、Display portなら1.2以上が必要だと学びました。

検討機種

上記条件で価格コムで検索してみました。

そこから抽出した検討機種は、下記の2機種でした。

1.LGエレクトロニクス 27UK650-W

LGはパネルメーカーとしても有名ですね。

2.IOData EX-LD4K271DB(KH2750V-UHD)

型番が2つあるは、販路によって型番が違うからです。

3.LGエレクトロニクス 27UK600-W

上記2機種を比較して、機能的には高さ調整のあるスタンド、ピボット表示などがある、LGが優位、値段的にはIOが優位という感じでした。

そして、価格比較のため、Amazonを見ていた時に、LG 27UK650-WのAmazon限定版という27UK600-Wという機種を見つけました。

27UK650-Wと27UK600-Wを比較すると、パネルのスペックは同等で、スタンドに違いがあるようでした。値段はIOよりちょい高くらい。

いままで、ディスプレイを使いながら、途中でスタンドの高さを変更したことがありません。ピボットも使ったことありません。なら27UK600-Wで良いんじゃね?と思いました。IOは入力が、D-Subx1/HDMIx2/HDMI2.0x1/DisplayPortx1と豊富ですが、そんなにいらないか、と徐々にLG寄りになっている自分に気づくのでした。

セールに遭遇

そして、12/7から行われているAmazonのサイバーマンデーセールに、27UK600-Wが登場していました!まさかの4万円を切った価格です!迷って迷って迷ったふりしてポチりました。わーい。

サイバーマンデーセールは12/11 AM1:59までです!

懸念事項

自分のPCは少し古いです。CPUがIntel Core i7 2600Kというモデルで、その内蔵グラフィックで映像を出力しています。これが、まだフルHDまでしか対応していない。なので、PC環境を4Kにするには、グラボを追加するか、USBの外付けデバイス使うか、PC組み直すか(!)が必要です。

これまた考えるのが楽しい←懸念じゃない。

2019/02/08追記

実際に使ってみたレビュー記事も書きました。良ければご覧ください。

スポンサーリンク